アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年10月26日
最終更新日:2018年10月26日

みなさんは、一棟マンションが早めに売れるためのコツを知っているでしょうか?
物件の規模が大きくなると、中々売買が進まないという状況もあり、苦労されている方も少なくはないでしょう。
実は、一棟マンションの売却が上手くいかない理由の1つとして、老朽化が大きく関係しています。
今回は、一棟マンションの売却と建物の老朽化の影響について、説明したいと思います。

一棟マンションの売却の時の価値には老朽化が影響

「条件は良いはずなのに、なぜか売れにくい…。」
このように、環境の影響ではないが、なぜか売買が進まずに悩んでいるという人もいるでしょう。
実は、売れにくい背景には、一棟マンションの売却時における状態、つまり老朽化が進んでいないかどうかが関係していることがあります。

まずは、なぜ買い手が見つかりにくいのか、その原因を押さえておきましょう。

一棟マンションを売却する時の状態で、建物の老朽化が進んでいた場合、買い手はどのような印象を持つでしょうか?
大きく2つですが、次のようなことが考えられます。

まずは、古くなっている状態の度合いによっては、生活に関わる設備に影響が出ているかもしれないことです。
私たちが身の回りで使っている設備を考えてみると良いでしょう。
例えば、水道やお風呂場といった水回りが挙げられますよね。

きちんと掃除等の手入れをしていても、使い続けているうちに不具合が出てくることが予想されます。
買った当初から、設備の古さのせいで使えないとなると困りますよね。

次に、前述にも関係することですが、設備が古いと交換したり、大幅な工事が必要になったりします。
ここで、一度買い手の立場になって考えてみて下さい。
物件を買う時にお金がかかりますが、古い物件の場合はそれに加えて修理費等の負担も必要になってくるでしょう。

そうなると、せっかく物件を買っても追加の出費によって、損失が大きくなってしまう可能性もあるのです。
買い手の考え方からすると、避けてしまう理由ははっきりしていると言えますよね。

このような2つの要因から、多くの人は、なるべくならば老朽化が進んでいない物件を選んでしまうのです。
しかし、不利なことをわかってはいるけど売ってしまいたいという人もいますよね。
次の項目では、なるべく売りやすくするポイントについて説明します。

一棟マンションの売却の方法は老朽化していてもある

みなさんの中で一棟マンションを売却したいけれども、老朽化の影響で上手くいかないと思っている人はいませんか?
売れにくいからといって、諦めるのは早いです。
実は、売りやすくするポイントがあるので、今までのやり方を変える参考にしてみて下さいね。

①多くの不動産会社に紹介してもらうようにする
まずは定番のやり方ですが、多くの不動産会社に一棟マンションを紹介してもらうことです。

売れにくい理由には、あまり多くに人に知られていないことも関連しているかもしれません。
一棟マンションを沢山の人に見てもらうことによって、売却の時に老朽化していてもかまわないという人が見つけやすくなるでしょう。

②マイソクの内容を定期的に見直す
みなさんは、「マイソク」というものを知っていますか?
これは、物件を売る時に間取りや所在地等の情報が書かれている宣伝するための資料のことを指します。
もしかすると、すでにやっているという人もいるかもしれません。

実は、この資料の中身が重要で、購入を考えている人のニーズに合った書き方がされているかどうかがポイントになります。
したがって、買い手に物件の魅力が伝わるような内容にすることが求められます。

例えば、周辺にどのような施設があるか、どのような世帯向きなのかといったことが挙げられるでしょう。

これは、一度作成したら終わりではなく、何度でも修正することができます。
現在の内容だと伝わりにくい場合は、書き直したり、付け足ししたりすると良いですね。

③価格を安めに設定する
これは、所有している一棟マンションの売却をとにかく早くしたい、老朽化の要素を値段に反映しても良いという人に勧めるやり方です。
どうしても、建物自体が古くなると価値が下がってきますよね。
そのため、値段を下げることによって買い手を探すことになります。

買い手の中には、古くても自分でリフォームを行って運用したいという考えを持っている人もいます。
最近は古くてもあまり気にしない、という人が増えてきていますよね。
このようなニーズを持っている人は、値段は安めの方がいいという人も多いので、買い手も見つかりやすくなります。

このやり方の場合、期間が長くなると安くても売れ残ってしまう可能性もあるので、ある程度の価格を下げて、短期決戦で臨んだ方が良いでしょう。

まとめ

今回は、一棟マンションの売却と建物の老朽化の影響について説明しました。
老朽化が進んでいた場合、設備によっては生活に支障が出たり、購入してもその後に修理等でお金が必要になったりと、売買に影響が生じやすいです。
しかし、建物のアピールを工夫したり、価格の設定を低めにしたりすることで、買い手が見つかりやすくなります。
弊社でも価格の判断や売買のご協力をしていますので、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)

IPA不動産では、お客さまのご都合のよい方法をお選びいただけるように【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。 そして様々なご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご依頼を社員一同、心よりお待ちしています。

Fudousan Plugin Ver.1.8.0