アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2017年10月28日
最終更新日:2017年12月12日

不動産を売却する場合、不動産会社へ売却依頼をしてから買主さんを探していくため、見つかるまでに時間がかかります。
仮にすぐ買主さんが見つかった場合でも、銀行融資などがあると、さらに時間がかかります。
売主様の中には「すぐにまとまったお金が必要!数か月も待てない!」というような方もいらっしゃいます。
そこで今回は、不動産を最短で売却する方法を紹介します。

・買取業者に依頼をする
一番早く売却できる方法として考えられるのが、不動産会社に直接買取してもらうという方法です。
不動産会社と言っても仲介を専門で行っている会社もありますので、買取に力を入れている又は専門でやっている不動産会社会社に売却するとすぐに買取りの条件を出してもらえます。
しかし、買取をしてくれる業者も商売として購入するわけですから当然「安く仕入れて高く売る」という考えのため、相場よりも金額が低くなってしまうことは否めません。
一般的に相場の七掛け程の金額になってしまいます。

・一括査定サイトを利用する
パソコンやスマートフォンなどで簡単に買取業者数社に買取査定をすることが出来ます。
この場合、一度に数社の買取金額を合い見積もりすることが出来るのでより高額で買い取ってくれる業者を見つけることが出来ます。
そして金額と条件が合えば直ぐに契約をすることも出来ますので早期売却が可能になります。
しかし一括査定も買取業者同様で相場よりも安くなってしまいますので少しでも高く売却したいという方にはお勧めできません。

・売却物件の種別を専門とする業者へ売却依頼する
前者の二つは買取業者のため売却金額がどうしても安くなってしまうのに対して、こちらは高く売却できる可能性があります。
売却する物件が投資物件のアパートやワンルームであったり、居住中のマンションや戸建て、または土地などの様に売却する物件によって物件種別は様々です。
その売却する物件の種別を専門で取り扱っている業者であれば、物件を探しているお客様を顧客にしていますので、すぐに買主様を見つけ出せる可能性があります。
この場合、仲介としてその業者へ依頼する形になりますので仲介手数料かかりますが、一般の買主様(エンド客)へ売却することが出来ますので、買取業者よりも高く売却できる可能性は十分にあります。

以上のように不動産を売却する手段は様々であり、その方法一つで結果が大きく変わってくることがあります。
特に売却を急いでいる場合、適当に業者を選んでしまい「もっと高く売れた、別の業者へ依頼すればよかった」などと売却後に気付いても手遅れなのです。

最後に、、、
当社では不動産をより高く・賢く売却するためにお客様に合った売却プランをご提案しサポートいたしております。
また売却する物件の種別によって得意とする業者や専門業者を数多くご紹介することが出来ます。
不動産売却をお考えのお客様は是非お気軽にお問い合わせください。

⇓こちらの記事も読まれております⇓
知らないと損!不動産売却「買取り」と「仲介」の違い

この記事のキーワード

この記事の著者

IPA不動産 社長
IPA不動産 社長
記事一覧

著者一覧

Fudousan Plugin Ver.1.8.0