アパート・一棟マンションなど収益物件を”高く売りたい・早く売却したい"ご要望に全力でお応えします。スピード対応で買取します。仲介の場合は手数料半額(専任媒介)です。不動産投資コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼おけるお取引でお客様を徹底サポートいたします。 無料査定受付中
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6403-0726
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年11月23日
最終更新日:2019年5月5日

築古アパートの売却を成功させるために、アパート売却前に修繕を積極的に行う大家さんが多くいらっしゃいます。
確かに築年数相応の汚れや劣化など壊れた箇所がそのままだと、買主様にとっては印象が悪くなるため、ある程度綺麗にしているアパートの方が印象は良いでしょう。
しかし古い建物は汚れや劣化などあって当然のことなので、必ずしも修繕しなければいけない訳ではなく、修繕をしなくても良い場合もあります。
具体的に修繕が必要な場合と不要な場合をそれぞれご紹介していきます。

中古アパートを売却する際、修繕工事が必要な場合

 

【防水工事】

防水工事をしばらく行ってなく雨漏りの可能性がある場合は修繕工事を行った方が良いでしょう。
もしも売却後に雨漏りが発覚してしまうとトラブルになる場合がありますので、屋上や外壁目地、廊下やバルコニーなどしっかり確認した方が良いです。
※弊社では防水工事の無料見積もりを行っております。特殊な作業法で行う工事でどこよりも安価で良質な工事のご提案が可能です。お気軽にお問合せ下さい。

【塗装工事】

鉄骨階段の錆や腐食による修繕も行った方が良いでしょう。
これを行うのと行わないのとでは建物全体の印象が大きく変わります。
錆程度の修繕であればペンキ塗装を行うだけで綺麗になりますので費用も比較的安く済みます。
一方で腐食してしまっている場合は補修や追加補強が必要になりますが、最悪の場合は交換になります。
※鉄骨階段の修繕工事は数社の取引がありますので、見積もり比較いただけるようにご提案いたします。

【室内リフォーム】

空室部屋の原状回復がされておらず、賃貸募集ができない状態になっている場合は、売却後に買主様の方で直ぐに賃貸募集ができるようにリフォームした方が良いでしょう。
室内を全て新品にする必要はないですが、最低限人が住める状態にしておくことが大切です。
※賃貸物件の室内リフォームをご検討の方には、弊社の工事部が室内調査を行い、オーナー様の予算に見合ったリフォームのご提案を致します。

中古アパートを売却する際、修繕工事が不要な場合

●外壁塗装
築年数相応の外壁の劣化は、直ちに修繕が必要でないと判断された場合、買主様が容認していただけることが多くあります。
また、買主様の好みで外壁塗装をする場合などもありますので修繕する前に売却活動の中で、買主様と相談すると良いでしょう。

●修繕箇所を買主様が負担する場合
必要修繕箇所を予め買主様と打合せをして、売却後に買主様自身で修繕していただくという条件で契約をする場合です。
しかしこの場合は想定される修繕費用を売買代金から値引きすることが多くありますので、その分安価での売買になることがあります。

●建物解体して土地の売買とする場合
建物劣化状態が酷い上に空室が多く、賃貸アパートとして運営が困難と判断される場合は、建物解体して土地として売買することになります。
当然ですがその場合には建物を修繕する必要はありません。

中古アパートを売却する前にできる修繕以外のPR方法とは?

●敷地内の清掃、残置物の撤去
よくあるのが既に退去した入居者の自転車や残置物が敷地内に残っていることです。
これはアパートの管理体制の表れとも言えますのでしっかり清掃を行っておくと良いでしょう。

●敷地内の除草
敷地内の雑草がたくさん生えたままだと、それだけで見栄えが悪くなります。
除草をするだけでスッキリとした印象を与えることができます。

●集合ポストの整理
集合ポストがゴミだらけ、チラシだらけになってしまっていると、入居者の印象が悪くなります。
集合ポストは入居者の質の表れとも言われておりますので、しっかり整理して良い印象を与えることが大切です。

まとめ

これらの修繕はアパートを売却する為というよりも、大家が入居者から家賃を受け取る以上、必要最低限確保しなくてはならない部分で区分されていることが解って頂けるかと思います。
維持管理状態が悪い物件は、購入者にとって「悪い物件」という判断になってしまう可能性があるのです。
アパートや不動産の売却は方法を間違えると大きく損してしまうこともあり、逆に得することもあります。
不動産の売却にあたって、ご相談などありましたら、是非IPA不動産にお気軽にご連絡ください。

この記事のキーワード

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6403-0726
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)

IPA不動産では、お客さまのご都合のよい方法をお選びいただけるように【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。 そして様々なご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご依頼を社員一同、心よりお待ちしています。