アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年6月26日
最終更新日:2018年6月28日

不動産を売却することによって損失が出てしまうことを、売却損または「譲渡損失」と言います。
居住用の不動産を売却する場合は、一定の条件を満たすことで税金の繰越控除、損益通算が認められますが、事業用不動産の場合はどうなるのでしょうか?
細かく解説していきましょう。

事業用不動産の売却による譲渡損失の扱いについて~個人の場合・法人の場合~

事業用不動産の売却によって発生した譲渡損失は、居住用不動産の場合と少し扱いが違います。
その処理の方法は、不動産を法人名義で所有しているのか、個人名義で所有しているのかによって変わります。
不動産の所有者が法人名義の場合は、譲渡損失を「固定資産売却損」として計上することが可能で、事業所得に含めて計算できます。
つまり、法人名義で得た利益を事業所得と通算できるということです。
ちなみに、翌年への繰越も可能です。
では、事業用不動産が個人名義の場合の譲渡損失はどうでしょうか?
個人事業主が不動産を売却する場合の譲渡損失は、事業所得とは別の所得として考えます。
つまり法人名義にように、譲渡損失を事業所得に含めて計算するということができないのです。
不動産の売却(譲渡)が営利を目的として継続的に行われるものである場合や、販売目的で取得した不動産を売却する場合などは、「事業所得・雑所得」に該当します。
これらに該当しない場合、個人名義の不動産を売却したときの譲渡損失は、「譲渡取得」という扱いになります。
事業所得・雑所得に該当する場合のみ、事業所得に含めて計算することが可能です。
また個人の事業用不動産の売却では、繰越はできないことになっています。
少しややこしいですが簡単に言うと、法人名義の事業用不動産の方が節税対策がしやすいとうことです。
つまり不動産を個人で購入するか法人で購入するか悩んでいる方は、簡単に個人名義で不動産を購入しない方がいいということが言えます。
もちろん、無理矢理法人名義で購入する必要はありませんが、譲渡損のリスクも考えて購入時の名義を決定する必要があるでしょう。

~番外編~居住用でも事業用でもない不動産の売却による譲渡損失は?

居住用でも事業用でもない不動産とは、「生活に必要ではない資産」のことを指します。
具体的に言うと別荘等の不動産ですね。
このような不動産を売却した際の譲渡損失は、他の所得(黒字)と損益通算することができません。
譲渡損失はないのと同じ扱いになるので、繰越も認められていません。
またその他には、30万円以上の貴金属、骨董、書画なども「生活に必要ではない資産」に含まれます。
これらの資産は、譲渡損失が出ても損益通算できないにも関わらず、譲渡利益が出る場合は課税の対象になってしまいます。

不動産を運営するのに切っても切り離せないのが税金です。
これらの税金については不動産の税に強い専門税理士へ相談することがベストです。
弊社では不動産の税に強い税理士さんと一緒にお客様のお悩みやご不安を解決させられるように取り組んでいきます。
まずはお気軽にお問合せお待ちしております。

この記事のキーワード

この記事の著者

IPA不動産 社長
IPA不動産 社長
記事一覧

著者一覧

Fudousan Plugin Ver.1.9.7