アパート買取やアパート売却なら売買実績230棟以上のIPA不動産にお任せ下さい!東京近郊のアパートやマンション、一棟不動産の売却は、まず売却額の査定からです。「高く確実に売りたい」というご要望に高額買取・スピード対応いたします|収益物件専門の弊社だからこそ信頼おけるサービスでお客様を徹底サポートいたします。
お電話にて査定の受付をしております。
03-6403-0726
受付時間 9:00~20:00 [年中無休・お盆・正月を除く]
公開日:2020年1月21日
最終更新日:2020年2月25日

東京の不動産売却で重要なポイントの一つが、その不動産があるエリアの情報を知ることです。
これを知らずに売却した結果、思わぬデメリットが生じることもありますので、まずは基本情報や特徴を知っておきましょう。
今回は、東京23区の北東部、墨田川に隣接する荒川区について解説します。
これから荒川区の不動産を売却する方は、ぜひご覧ください。

荒川区の特徴・不動産について

荒川区ってこんなイメージ

荒川区は、1932年に北豊島郡南千住町、三河島町、尾久町、日暮里町が合併して誕生しました。
昔から陸海上の交通拠点として重要な役割を担っていた荒川区ですが、中でも現在の南千住のあたりは、江戸時代には「千住宿」という日光街道や奥州街道の宿場町として栄えました。
このような歴史的経緯から、荒川区内には数々の文化財や史跡などが残っています。

荒川区は東京北東部に位置し、都心からは10㎞圏内にあります。
現在の南千住あたりにあった「千住宿」が日本橋から1つめの宿場町であったことを考えると、都心から近い場所にあることが分かるでしょう。
そんな荒川区には、「町屋」「日暮里」などに代表されるように、古き良き下町の面影を感じられる街が残っています。
また、宿場町として栄えた「南千住」は近年大規模な再開発が行われ、高層マンションやショッピングモールのある若いファミリー層向けの街に生まれ変わりました。
都心に近く、昔ながらの住宅街が多い荒川区ですが、その一方で、荒川自然公園や都立汐入公園、都立尾久の原公園など、大きな公園があるのも特徴です。
さらには、レトロな遊園地として人気が高いあらかわ遊園(現在リニューアル工事で閉園中。2021年再会予定)も荒川区内にあります。

このように、荒川区には江戸の粋と昭和レトロとが融合した庶民的な街が数多く残る一方で、再開発により綺麗に整備されるなど、昔ながらのイメージを残しつつも進化しています。
都心から近い割に物価が比較的安く、区を挙げて子育て支援や防犯に取り組んでいるとあって、近年再評価が進んでいるエリアなのです。

荒川区の人口や面積、区役所のある駅について

荒川区の人口は約217,000(2019121日現在)です。
23区の中では20位と、実は人口の少ない区でもあります。
また、荒川区の面積は10.16㎢と23区内では第22位で、こじんまりとした区であることが分かります。
なお、荒川区の人口密度は1㎢あたり21,126人と、23区内では第2位の人口密度の高さです。
面積が小さく人口も23区内では少ないにも関わらず、人口密度で見た場合は人口密度の高い区、というのが荒川区の大きな特徴です。
都心から近く、物価も比較的安いということが、人口密度の高さにつながっているものと考えられます。
ちなみに、荒川区役所は荒川二丁目にあり、最寄り駅はJR常磐線「三河島」駅または京成電鉄、東京メトロ千代田線、都電荒川線「町屋」駅です。
ただし、どちらからも徒歩10分ほどと少々離れた場所にあります。

荒川区と言えばココが有名

荒川区には、有名なエリアがいくつか存在します。
ここからは、それら有名エリアの特徴について解説します。

日暮里

ノスタルジックでレトロな下町の街並みが人気の「谷根千」に一部接しているのが、「日暮里」駅を中心としたこのエリアです。
西日暮里2丁目と3丁目、東日暮里五丁目が該当します。
日暮里駅はJR山手線・京浜東北線・常磐線、京成線、日暮里・舎人ライナーが通っているため、交通の便も良く、人気があるエリアとなっております。
このエリアには古刹が多く、谷根千の賑わいからは一線を画した静けさが広がっています。

また、谷根千エリアにある「谷中霊園」には公園としての側面もあり、近所の人が散歩やジョギングをしている姿をよく見かけます。
一方、日暮里駅の反対側の西日暮里2丁目と東日暮里五丁目は、駅周辺に高層マンションが建ち、近代的な雰囲気です。
表通りこそ幹線道路ということもあって交通量が多く、道沿いにはマンションが並んでいますが、一歩路地を入ると閑静な住宅街が広がっています。

そして、「日暮里」駅の近辺にはスーパーも多く、遅くまで営業している店も多いです。
谷根千エリアまで足を延ばせば「谷中銀座商店街」がありますので、買い物に困ることはないでしょう。
さらに、子育てに力を入れている荒川区らしく、日暮里には保育所が多いのも特徴です。
それに加えて医療施設も充実しており、「日暮里」駅直結の「ステーションポートタワー」の中に「東京女子医科大学東医療センター日暮里クリニック」がある他、駅の近辺にもクリニックが多数あります。

このように、日暮里は、昔日の下町風情を残しながらも意外と緑が多く、様々な施設が充実したバランスの良い街なのです。

 

南千住

隅田川にかかる「千住大橋」が街のシンボルマークでもある南千住は、江戸時代の千住宿の面影を残しながらも、近年大規模な開発により、近代的な姿に生まれ変わった街です。
荒川区の最東端に位置し、街の北側と東側には墨田川が流れています。
前述のとおり、南千住は、駅周辺が近年大規模開発で大きく変わりました。
駅前にはショッピングモールの「LaLaテラス南千住」がオープンし、工場や国鉄の貨物駅などがあった場所には近代的なマンション群が建設されています。
それと共に若いファミリー層が住むようになり、以前に比べて人も増え、活気にあふれた雰囲気になったのです。

また、「南千住」駅は、JR常磐線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスの3路線が利用できるとあって、交通アクセスが良いのも特徴です。
そのため、最近では駅周辺の宿泊施設への外国人観光客の利用も増えるなど、かつての工業地帯とは全く違う環境に変貌を遂げています。
ファミリー層が多いことから駅前のショッピングモールをはじめ、昔ながらの個人商店など買い物ができる場所が多いのも南千住の特徴です。
さらに、駅周辺にはベビーステーションもあり、共働きの子育て世代に嬉しい施設が充実しています。
また、「荒川総合スポーツセンター」や「南千住野球場」など、スポーツ施設も充実しているため、子育て環境は良好です。
墨田川が近いことから、夏には墨田川の花火を観ることができるのも、この街ならではの魅力ではないでしょうか。

 

町屋

荒川区の中でも古き良き下町の雰囲気が根強く残るのが、「町屋」駅周辺のエリアです。
住所でいうと、荒川七丁目と町屋一丁目周辺が該当します。
町屋は東京メトロ千代田線、京成線、都電荒川線の3路線が利用できる、交通アクセス至便な街でもあります。
そんな「町屋」駅の周辺には「いなり通り」などの商店街が複数あり、個人商店が並んでいます。
スーパーやディスカウントショップもあるため、普段の買い物に困ることはないでしょう。
また、駅直結のショッピングセンター「サンポップ町屋」内には、飲食店をはじめ100円ショップや洋服屋、靴屋などの店舗が入っています。
さらに、駅から徒歩1分の場所には「メディカルセンターMedium町屋」という総合クリニックモールがあり、内科や皮膚科、整形外科など、複数の医療施設が入っています。

このように、「町屋」駅周辺には様々な施設が集中しているため、行きかう人の数も多く、賑やかです。
そして、少し歩くと「荒川自然公園」という緑豊かな大きな公園があり、自然に触れることができます。
「荒川自然公園」では、散策はもちろん、スポーツをすることも可能です。
園内にはテニスコートや野球場などがあるほか、夏にはプールも開放するなどスポーツ施設が充実しています。

また、町屋の住宅街には、入り組んだ路地のある下町らしい町並みが残っていますが、近年では新しいマンションが建てられたりおしゃれな飲食店が増えたりと、変化の兆しが出てきています。
治安も良く、住みやすい街であると言えるのではないでしょうか。

 

荒川区の地価はどれくらい?

荒川区の不動産を売却する方は、地価がどれくらいなのか気になるのではないでしょうか。
ここからは、2019年時点における、荒川区のエリア別地価平均ベスト10をご覧いただきたいと思います。

順位 エリア 地価平均(/)
1位 日暮里 103万1,833
2位 西日暮里 82万6,166
3位 三ノ輪橋 72万6,166
4位 三ノ輪 67万4,100
5位 三河島 62万9,142
6位 田端 61万8,666
7位 荒川区役所前 61万3,500
8位 赤土小学校前 56万1,000
9位 町屋 55万1,555
10位 東尾久三丁目 53万0,000

参考:荒川区の地価公示・土地価格・坪単価
https://tochidai.info/tokyo/arakawa/

荒川区のランキングで特徴的なのは、1位の日暮里と2位の西日暮里で地価に20万円以上の開きがあることです。
近年日暮里は地価が上昇していて、その理由として2015年に開通したJR上野東京ラインにより常磐線の利便性が向上した影響があると考えられます。
日暮里と西日暮里以外のエリアについては、地下鉄や私鉄、都電荒川線沿線のエリアが集中しています。
特に8位以下のエリアについては、荒川区より都心から遠い北区のエリアよりも割安になっています。
利便性が良く住みやすいにも関わらず、そのメリットがまだ地価に反映しきれていないエリアが多いのが、荒川区の特徴と言えるでしょう。

まとめ

ここまで、荒川区の特徴や地価について詳しく解説してきました。
今回紹介したような大まかな概要や特徴を知ることで、不動産売買をスムーズに行えるようになるでしょう。
東京の不動産売却をご検討の方は、是非、IPA不動産にご相談下さい。
お客様が満足できる不動産売却を全力でサポートさせて頂きます。

この記事のキーワード

お電話にて査定の受付をしております。
受付時間 9時~20時まで年中無休
年中無休(お盆・正月を除く)

弊社では【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。
お客様のご都合の良い方法をお選びいただき、お気軽にお問い合わせください。
社員一同心よりお待ちいたしております。