アパートや一棟マンションの売却・買取なら売買実績10年230棟以上のIPA不動産にお任せ下さい!まずは無料で売却額の査定・物件調査をいたします。「高く確実に売りたい」不動産に価値ある評価をいたします。高額買取・スピード対応でご要望にお応えします。|弊社の徹底したサービスでお客様をサポートいたします。
お電話にて査定の受付をしております。
03-6403-0726
受付時間 9:00~20:00 [年中無休・お盆・正月を除く]
公開日:2019年12月16日
最終更新日:2020年2月25日

東京23区には、それぞれ異なる特徴があります。
そのため、一口に東京の不動産を売却すると言っても、東京都全体の特徴をなんとなく把握しているだけでは成功に繋がりません。
今回は、東京都杉並区の特徴、地価などにスポットを当てて解説していきますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

杉並区の特徴、不動産について

杉並区ってこんなイメージ!

東京23区の1つである杉並区は、1943年、それまでの東京市が廃止され、東京都となったタイミングで、杉並、和田堀、井荻、高井戸の4ヵ町が合併し、誕生しました。
杉並区は全体的になだらかな高台地域となっています。区全体が武蔵野台地の中央部に位置していることから、地盤が強いのも杉並区の特徴です。
そんな杉並区のイメージとして挙げられるのは、“治安が良く、住みやすい街”ということ。
実際杉並区は、文京区と並び、東京23区内でもトップクラスの治安の良さを誇っています。
中でも、荻窪や阿佐ヶ谷、高円寺などは、学生やファミリー層に人気が高いエリアです。

ちなみに、杉並区は、1923年に発生した関東大地震後に、多くの文化人や学者が都心や下町から移り住みました。
特に荻窪周辺は、戦前に多くの文化人が居住したことから、現在も当時の面影を残す建物が見られます。
杉並区内を走る鉄道路線は、西武新宿線、JR中央線、東京メトロ丸の内線、京王井の頭線、京王線です。また、高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪といったJR中央線の駅周辺には大きな商店街もあり、日々の買い物や外食に困ることはありません。
このように利便性が良いにも関わらず、区内には善福寺公園、善福寺川緑地、和田堀公園、神田川遊歩道など緑が非常に多く、住みやすいのも杉並区の魅力です。

杉並区の人口や大きさ、区役所のある駅について

杉並区の人口は約570,000(201911日現在)であり、これは東京23区内で6番目に多い数字です。
また、杉並区の大きさは34.06㎢であり、これは東京23区中8番目の数字です。
ちなみに、杉並区役所は阿佐ヶ谷南1丁目に位置しており、東京メトロ丸の内線南阿佐ヶ谷駅、JR中央線阿佐ヶ谷駅が最寄り駅となっています。
ケヤキ並木が印象的な中杉通り沿いにあり、どちらの駅からも近くアクセスは良好です。

杉並区と言えばココが有名!

ここからは、「杉並区と言えばココ!」と言うべき有名エリアをご紹介していきましょう。

①荻窪

荻窪は、駅周辺に大きな商店街が広がる一方、南側には善福寺川緑地が広がる、賑わいと静寂が共存した住みやすい街です。井伏鱒二、太宰治、与謝野晶子などの文豪や、元総理大臣の近衛文麿、角川書店創設者の角川源義といった政治家や文化人が居を構えた街としても知られています。また、荻窪といえば荻窪ラーメンも有名で、駅周辺にはオーソドックスな荻窪ラーメンを出す店が多数あります。

②阿佐ヶ谷

JR阿佐ヶ谷駅を南北に走るケヤキ並木がシンボルの中杉通りに代表される阿佐ヶ谷エリアは、戦前に多くの作家や評論家が移り住んだことから、“阿佐ヶ谷文士村”と呼ばれた地域がありました。
川端康成など名だたる文豪もこの街を闊歩したのだとか。
JR阿佐ヶ谷駅から丸の内線南阿佐ヶ谷駅までの間にはパールセンター商店街という大きな商店街があり、日々の買い物には困りません。
賑やかな商店街から一歩路地裏に入ると、閑静な住宅街が広がっています。若い世代から高齢者世代まで暮らしやすい街です。

③高円寺

高円寺は、下町の風情を残しつつ、住みやすさも兼ね備えた人気エリアです。昔ながらの商店街の中には多くの古着屋や飲食店が立ち並び、独特の雰囲気を醸し出しています。
また、高円寺はミュージシャンや俳優、芸人が住む街としても有名です。
この街で下積み時代を過ごし、その後、成功を収めた有名人が数多くいます。
夢を追う若者の街ということもあって、新宿から近いにも関わらず物価が安いのも特徴です。

④浜田山

浜田山は、南側に神田川の遊歩道、北側に善福寺川緑地があることから緑が多く、高級住宅街が広がるエリアです。
一方、駅周辺には庶民的な商店街もあるため、住みやすいのも特徴です。
浜田山駅の近くにかつてあった三井浜田山グラウンドは、往時の面影を残す三井の森公園と、瀟洒な街並みが広がるパークシティ浜田山に生まれ変わっています。

⑤永福町

永福町は、マンションが少なく、大きな邸宅が立ち並ぶ杉並区を代表する高級住宅街の一つです。
佐藤忠良、池部鈞などの芸術家、女優の森光子、文学者の佐藤朔といった文化人が居を構えた街でもあります。
永福駅の南北に広がる商店街には庶民的なお店が多数あります。
また、北口商店街は2014年に無電柱化が完了したため、見通しが良いのも特徴です。
なお、駅ビルの京王リトナードにも、スーパーや雑貨屋、パン屋などが入っています。
永福町駅は京王井の頭線の急行停車駅でもあることから、渋谷・吉祥寺に出やすいのも魅力です。

杉並区の地価はどれくらい?

これから杉並区の不動産を売却する方にとって、杉並区の地価は気になるポイントだと思います。
ここからは、杉並区のエリア別地価平均ベスト10(2019年時点)を見ていただきましょう。

順位 エリア 地価平均(/)
1位 阿佐ヶ谷 83万5,000
2位 荻窪 81万187
3位 高円寺 73万3,687
4位 笹塚 71万5000
5位 永福町 63万9,666
6位 南阿佐ヶ谷 63万9666
7位 代田橋 61万6875
8位 西荻窪 61万6000
9位 下高井戸 61万2250
10位 西永福 59万1800

参考:杉並区の地価公示・土地価格・坪単価
https://tochidai.info/tokyo/suginami/

今回、杉並区を代表するエリアとして名前を挙げたところは、ほとんどベスト10にランクインしています。
特に、屈指の人気エリアである阿佐ヶ谷、荻窪の地価が圧倒的に高いことが分かります。
ただ意外にも、高級住宅街として知られる浜田山は、それほど地価が高くありません。

まとめ

ここまで、杉並区の特徴や地価などについて解説してきましたが、いかがでしたか?
杉並区の不動産を売却する方は少しでも杉並区に関する知識を身に付け、ターゲットの選定やより良い条件での不動産売却に繋がるよう努力しましょう。
東京の不動産売却をご検討の方は、是非、IPA不動産にご相談下さい。
お客様が満足できる不動産売却を全力でサポートさせて頂きます。

この記事のキーワード

お電話にて査定の受付をしております。
受付時間 9時~20時まで年中無休
年中無休(お盆・正月を除く)

弊社では【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。
お客様のご都合の良い方法をお選びいただき、お気軽にお問い合わせください。
社員一同心よりお待ちいたしております。