アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年11月14日
最終更新日:2018年11月14日

一棟マンションを所有している人で、そろそろ売却を考えているという人はいませんか?
売りやすくする方法として、リフォームが挙げられますが、何から始めれば良いか分からないという人もいるでしょう。
今回は、一棟マンションの売却前と後にできる、リフォームのチェックするポイントについて紹介したいと思います。

一棟マンションの売却前に所有者ができるリフォームのポイント

まずは、一棟マンションを売却する前に、所有者ができるリフォームのポイントについて紹介します。
私たちは、リフォームと聞くと、どのような形を想像するでしょうか?
例えば、トイレを新しい設備に替えたり、キッチン周りを綺麗にしたりということが考えられますよね。

リフォームと聞くと、意外といろいろな部屋の造り替えが想像できるでしょう。
そのため、なるべく早めに売ってしまいたいと考える人の多くは、部屋のすべてを新しくした方が良いのではないかと思いがちです。
もちろん、すべてを造り替えてしまうのも売るための方法の1つです。
特に、築年数が多く、老朽化が進行している場合は、すべてを変えると買い手が見つかりやすくなりますよね。

しかし、人によっては、すべてを新しくすることは難しいということもあります。
また、比較的年数が経っていなくて、大掛かりなことをしなくても良いという人もいるでしょう。
したがって、一棟マンションの売却前の状態で、すべてをリフォームしないのであれば、必要な部分だけ行う方が良いのです。

現在利用していて使いづらかったり、少し古くなってきたりしている設備は、注目すべきポイントになります。
例えば、キッチンの設備を最近の流行に合わせて、使い勝手がより良いものに変えてみることが考えられますよね。
その他にも、現在の一棟マンションが置かれている環境に合わせて、バリアフリーに一部変えてみるということもできるでしょう。

一棟マンションを売却する時のポイントとして、部分的なリフォームであっても魅力度は増していきます。
そのため、現状の設備に足りないところや交換すべきところが考えられる場合は、小さなものでも構わないので工事しておくと、買い手が見つかりやすくなるでしょう。

一棟マンションの売却後に買い手ができるリフォームのポイント

次は、一棟マンションの売却後に、買い手ができるリフォームのポイントについて紹介します。
この項目は、比較的新しい物件を買ったというよりも、古い物件を買ったという人は目を通しておいて損はないでしょう。
近年は、一棟マンションが売却されている中でも、環境が良ければ多少古い物件であっても売れていきます。

特に、最初にかかる費用を少し押さえたいという人には、向いているとも言えるでしょう。
しかし、当然ながら古さがある分、買った後に手を加えなければならない部分も出てきますよね。
そのため、一棟マンションの売却後に、細かい部分ですがリフォームを想定して見ておくべきポイントがあります。

まず、基本的なことかもしれませんが、窓等の基本的な設備がしっかりと使えるかどうかです。
例えば、窓が開かない、ドアが開きづらいというのは、日常の生活に支障が出てきますよね。
水回りの水漏れも、設備の古さからくるものでしょう。

住む人が、最低限生活する上で困ることがないように、最低限の設備に不備がないかどうかは確認しておきましょう。
細かいことですが、当たり前の設備が使えないということは、入居率にも関わってきます。

次に、湿気が溜まりやすい部屋であるかどうかです。
「人の好みだから、あまり気にしなくてもいいのでは?」と、思う人もいるかもしれません。
この項目も地味なところですが、物件の場所や部屋の位置によっては、湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいということもあります。

湿気が溜まりやすい部分には、カビ防止の対策をして、なるべく溜まりにくくなるような対策を事前にしておきましょう。
一棟マンションで住む人の中には、例えばファミリー層もいますよね。
最近は昔と比べて、アレルギーに関することに注意する家庭や人も増えてきました。

住みやすい環境を作っておくことは、住む人が増えるポイントにも繋がりますよね。
特に湿気がひどいというところは早めに確認して、対策をしておきましょう。

最後は、共有部分についてです。
一棟マンションの売却後に、部屋の他にリフォームのチェックすべきポイントとして、みんなが利用するようなところや設備もあります。
共有部分は、マンションの顔にもなるので、部屋と同じくらい重要ですよね。

最近では、玄関部分にまとまってポストを置くよりも、部屋ごとに設置したり、宅配ボックスを設けたりすることが多くなってきています。

まとめ

今回は、一棟マンションの売却前と後にできる、リフォームのチェックするポイントについて紹介しました。
売却前にできる項目として、現状で古い設備があれば工事しておくと、買い手がより見つかりやすくなります。
売却後では、生活に関わる基本的な設備がしっかり使えるかどうか、共有部分のテコ入れについて紹介しました。
リフォームするにあたり、買い手のニーズを詳しく知りたいという方は、是非弊社にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)

IPA不動産では、お客さまのご都合のよい方法をお選びいただけるように【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。 そして様々なご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご依頼を社員一同、心よりお待ちしています。