アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年11月12日

老朽化が進んでいるアパートを所有している人はいませんか?
丁寧に扱っても、時間経過と共に不備が出る事もありますよね。
実は、このようなアパートを売却したい場合、老朽化をアピールポイントとして紹介できるケースもあるのです。
今回は、アパートの売却で、老朽化をメリットに転換する要素をご紹介したいと思います。

アパート売却におけるトレンドと老朽化

まず、アパートの売却において、老朽化はどのような点で影響してくるのでしょうか?
買い手の立場になって、少し考えてみましょう。

一番大きい影響として、設備が古いことから買い替えや修理等でお金がかかってしまうことが挙げられます。
アパートの規模にもよりますが、古いといえどもそれなりの費用になりますよね。
購入費以外でも、それなりに必要経費がかかってしまうのは、マイナスイメージに繋がりやすいでしょう。

しかし、近年のアパートの売却に関する事情は異なり、老朽化も1つのポイントとして捉えられています。
「古すぎると、住む人も見つからないから売れないのでは…。」
少し前の状況では、このような考え方が多数でしたが、現在はライフスタイルの変化から、多様なニーズが生まれています。

近年、住まいに関する言葉として、「リノベーション」という用語を聞いたことはありませんか?
雑誌の住まいの特集等で、閲覧したという人もいるかもしれません。
リノベーションは、アパートの売却において、老朽化している物件の人気が高まっている背景に大きく関わっているのです。

リノベーションを簡単に説明すると、古い物件の設備等を自分好みに造り替えることを言います。
最近は、よく自分でDIYをして部屋造りをしている人が増えてきていますよね。
トイレのような大きな設備を取り替えたりするだけではなく、部屋の細かい部品を変えてみるなど、自分好みにアレンジすることが若い人の間で流行っているのです。

ここまで記事を読んでみて「面白そう!」と、興味を持った人もいるでしょう。
確かに、既存のものと比べて手間暇はかかりますが、その分自由度も広まるので、特に女性の間で人気が高いです。
アパートの買い手が、このようなニーズを持っている人たちの入居を想定した場合、売却されている不動産の中で老朽化している物件もまた、選択肢に入ります。

一般的に、不動産投資を念頭においた購入の場合、より利益が出る可能性が高い物件を選ぶと思います。
ただし、住まいに対するニーズが多様化しているからこそ、利益が出る物件は必ずしも新しいとは限らないのです。
そのため、古いからと言って一概に売れないとは断言できないと言えるでしょう。

アパートの売却の時に老朽化はアピールできる

上記の項目では、アパートの売却において老朽化はプラスになり得ることを説明しました。
しかし、ニーズがあったとしても、アピールの仕方が上手くいかないと、中々売れないということもありますよね。
まず、古さで売れないと諦めている人は、アピールポイントを見直してみましょう。

いくつかの重要なポイントを紹介するので、これから売却を考えている人や、現在上手く結果に繋がらないという人は参考にしてみて下さい。

①売却の費用の金額
まずは、費用についてです。

古くなっているアパートでは、新しいアパートに比べると当然ですが、売却時の金額も低めに設定されますよね。
立地が良い場合は、適正の価格でも売れますが、条件が悪い場合だと売れにくくなってしまいます。
なるべく高めに売りたい気持ちもわかりますが、古さに応じて価格を変更することも大切でしょう。

特に、アパートの買い手が売却時に老朽化が進んでいる物件を選ぶ場合は、なるべく購入費を抑えたいというニーズが高まっています。
このような事情を考えると、金額の見直しも場合によっては必要になるかもしれません。

②どのようなリノベーションをすることができるか
もう1つは、買い手を見つけやすくするためにできることになります。
それは、部屋の間取り等からどのような造り替えができるのかです。

実際に、買い手がアパートを買った場合、住む予定の人にどのようなアピールをして、物件の紹介をするでしょうか?
リノベーションをすることを想定した場合、どのような造り替えができるのか、事前に知っておきたいですよね。
そのため、売る側もどのような形の工事が必要になるのか等を、事前に紹介しておくことで、買い手をより探しやすくなります。

物件の特徴に関する記載が少ないと、どのような物件なのかを知ることは難しいですよね。
小さなことですが、細かい情報も紹介しておくことで、買い手の選択肢の中にも入りやすくなります。

まとめ

今回は、アパートの売却で老朽化をメリットに転換する要素についてご紹介しました。
近年、特に若い人のライフスタイルの変化が住まいにも影響しており、リノベーションという方法があることによって、古い物件の人気が高まっています。
売る側ができることとしては、金額の定期的な見直しや、物件の細かな情報を開示することです。
それが、買い手を探しやすくするポイントになります。
売却の際のお手伝いは、弊社にお任せください!

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)

IPA不動産では、お客さまのご都合のよい方法をお選びいただけるように【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。 そして様々なご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご依頼を社員一同、心よりお待ちしています。