アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年10月23日
最終更新日:2018年10月23日

不動産投資を始めてから、長期間が経っているという人はいませんか?
収益の面で、現状で満足している人もいれば、新しい物件にしてみたいと考えている人がいるかもしれません。
新しい物件を考えている場合、現在のアパートの売却と買い替えは、どのようなタイミングで行った方が良いのでしょうか?
今回は、アパートの売却と買い替えの順番について説明したいと思います。

アパートの売却と買い替えの順番①先に新しい物件を購入する場合

不動産投資の状況をふまえた上で、新しい物件に替えたいという人もいるでしょう。
しかし、買い替えのタイミングで悩むという人もいるかもしれません。
例えば、候補となる物件を先に買ってしまった方が良いのか、または現在の物件を売ってからにした方が良いのか、ということです。

特に、アパートの売却と買い替えには、購入費としてのお金が必要になります。
経営が難しかった場合は、次の購入費をすぐに賄うことが難しいこともありますよね。
そのため、どのようなタイミングで購入を判断するのかが、重要になるでしょう。

まずは、アパートの売却と買い替えの順番について、2パターンを説明していきます。
この項目では、新しい物件を先に買ってしまってから、売却をするというパターンを説明します。

条件の良い物件は、人気が高いこともあり、すぐに売れてしまいますよね。
そのため、早めに目星をつけて買ってしまうことによって、前よりも条件の良い物件を手にすることが可能になります。

先に買ってしまう場合は、全額の支払いではなく、手付金を支払うことで契約が成立するのがほとんどです。
一見すると、次の物件が見つからないという不安は少なくなりますよね。
しかし、この方法は少し注意が必要になります。

それは、現在の物件が早めに売れたり、希望の値段で売買されたりするとは保証できないことです。
「自分のアパートの紹介をしっかりしていれば、売却も買い替えも問題ない!」
実は、「しっかり準備をしていれば売れる」ことは、余程物件の状態や立地が良い限りは中々ありません。
実際に、準備をしっかりしていても上手くいかない、という人も多くいます。

現在のアパートが売却できないことを想定して、先に新しい物件を買う場合は、「下取り特約」や「買い替え特約」が設けられていることがあります。
書面や口頭で必ず説明があるので、もし先に買う時はしっかり聞いておきましょう。
これらの特約は、現在の物件が期限までの売れなかった場合に、契約を取り消したり、対象の物件の買取りをしたりするものです。

しかし、すべての物件で保証されている特約ではありませんし、設けられた期間は売る側にとって負担が大きいです。
期間内に売れれば問題ありませんが、期限が近づいてくると大丈夫かどうか不安になってきますよね。
さらに、売れるからといって希望よりもはるかに低い金額での取引になる場合もあるでしょう。

売却の見通しが明確でない以上は、避けた方が良い方法であるとも言えます。

アパートの売却と買い替えの順番②先に現在の物件を売る場合

前の項目では、少し注意が必要な方法を説明しましたが、ここでは一般的に行われやすい方法を説明します。
それは、前の項目とは反対に、現在のアパートの売却を買い替え前に行ってしまう方法です。
売り手にとっての不安が少ない方法なので、もしもの場合の損失も少なくなるでしょう。

アパートの売却を、新しい物件の買い替え前に行う人の多くは、「売れない場合を考えると早めに知ってしまいたいから」という理由があります。
現在は、不動産の取引が活発で、比較的買い手が見つかりやすい状況ではありますよね。
しかし、アパートの状態等によっては、売れにくい物件があるのも事実です。
このような売り手の考えから、行われているのが特徴になるでしょう。

一方で先に売った場合でも、注意すべきところはあります。
売り手としては、まず現在の物件が売れることで安心はできますよね。
しかし、すぐに希望の新しい物件が見つかるかどうかが問題になってくるのです。

この方法は、アパートの売却後の一定の期間で、次の物件が決まる分には問題はないのですが、買い替えに長期間かかった場合に影響が出てきます。
例えば、自分もアパートに住んでいた場合、先に売ってしまうと、時間が経つと出ていかなければならなくなりますよね。
次の住む場所が見つかっていると良いのですが、決まっていない場合は大変なことになることが想像できるでしょう。

また、早めに次の物件を探そうと焦ってしまい、希望に叶った物件を見つけられず買ってしまうということもあります。
せっかくならば、新しい物件は希望に叶ったものを選びたいですよね。
先に売った場合でも、注意点があることを覚えておいて下さい。

まとめ

今回は、アパートの売却と買い替えの順番について説明しました。
1つは、売却前に新しい物件を買ってしまう方法で、売却先の目途が早めについている場合は損失が少ないかもしれません。
もう一方は、売却を先に行う方法で、売れるか不安を抱えている人は、先に売ってしまった方が、気持ちの負担も少なく物件を探しやすくなるでしょう。
物件の売却や購入を考えている時は、ご相談でも構いませんのでお気軽にご連絡下さい。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)

IPA不動産では、お客さまのご都合のよい方法をお選びいただけるように【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。 そして様々なご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご依頼を社員一同、心よりお待ちしています。

Fudousan Plugin Ver.1.8.0