アパートや一棟マンションなどの収益不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年10月20日
最終更新日:2018年10月23日

少し年数の経っている、アパートを持っているという人はいませんか?
売りたいけど、古いアパートは買ってもらえないのではないかと思っている人もいますよね。
実は、年数のあるアパートでも売却の前に、リフォームをすると買い手が見つかりやすくなることがあります。
今回は、年数のあるアパートの売却のカギは、リフォームをすることについて、説明したいと思います。

古いアパートを売却する前になぜリフォームをするのか?

「年数が経ってしまっているアパートは、他の物件と比べても売れにくいのではないか…?」
このように、不安に思う人はほとんどでしょう。
さらに、買ってもらえるならば、安い価格で取引をしてしまう人も少なくはありません。

しかし、近年の不動産の状況から考えると、古いアパートは人気が高めになっていると言えます。
家に対するニーズが年々変化しており、新築でなくても良いと考える人が増えてきたからです。
代表的な例として、古い住まいでもリフォームを行って、安く買うという選択があるでしょう。

そのため、古いアパートでも売却の前にリフォームを行っておくと、そのままの状態よりも、買い手が見つかる可能性が高くなりやすいのです。
売ってしまいたいと考えている人にとっては、朗報ですよね。
お金はかかりますが、ちょっとした工夫で買い手を見つけやすくできるのです。

また、買い手にとってもアパートの売却前にリフォームがされているのは、とても都合がよいと言えます。
前に述べた住まいのニーズを持った人に部屋を貸しやすいことや、部屋は新しいので綺麗な部屋に住みたいという人も獲得しやすいのです。
買う時の費用も安くでき、不動産の運用も比較的しやすいので、負担も失敗も少ないと言えるでしょう。

したがって、なるべく早く売ってしまいたいという人は、リフォームをしておくことはオススメできます。
必要経費はかかりますが、そのまま維持しておくよりは、お得なことが多いでしょう。

古いアパート所有者に対して売却する前にリフォームを勧める理由

ここでは、古いアパートを売却する前にリフォームすると、どのような利点があるのかを説明します。
売却で悩んでいる方は、1つの方法として参考にしてみて下さい。

まず、部屋の内装が新しくなる分、すぐに住むことができたり、価格が高めに設定されたりしやすいということがあります。
住まい探しをしている人の印象として、部屋が綺麗、新しいというのは魅力的な要素ですよね。
年数があるにも関わらず、部屋の状態が良いということは、大きなアピールポイントになるでしょう。

また、早めに売ることができるだけではなく、年数の要素を含めても売る時の価格が高めに設定されることもあります。
一般的に、年数が経つにつれて、価格は低めになってしまいますよね。
しかし、部屋に手間をかけている分、価格に多少は反映されることもあり、低めに設定しなくても売れる可能性が高くなるでしょう。

早く売れるだけではなく、価格も少し高めになることは、所有者の立場からは嬉しいですよね。

次に、アパートにかかる費用のことについてで、売却する前にリフォームを行うと、その費用はマイナスになるのではないかと思う人はいませんか?
どの程度の規模で行うかはそれぞれですが、大規模になればなるほど、お金もかかりますよね。
高額になるのであれば、しない方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。

費用面で気にしている人には、朗報があります。
実は、リフォームにかかる費用は、住宅ローンでカバーすることができるのです。
主に返済の説明は覚えていることが多いですが、上手く活用できると利点も多いことを知っておきましょう。

買い手が買った後に行う場合だと、購入費の返済だけではなく、リフォームの費用も同時にかかります。
多くの返済を抱えることは、お金のやり繰りの面でとても大変ですよね。
せっかく買っても、運用が難しいということにもなりかねません。

しかし、売る前に行われた場合は、費用を住宅ローンで賄うことが可能です。
そのため、所有者にかかる負担が少なくなるので、高額になりそうな人ほど、利用した方がお得ですよね。

一方で、アパートの工事をしている期間をふまえながら売却の手続きを行わないと、せっかくリフォームしても買い手が見つからない場合もあります。
当然ですが、工事期間中に人が住むことはできませんよね。
したがって、工事の期間等をふまえた上で、売買の計画を立てていく必要があるでしょう。

また、今回説明したことは早めに買い手が見つかりやすくなる可能性が高まる要素であるので、見つからないということもあり得ます。
これらのことも念のため、頭の片隅に置いておいて下さい。

まとめ

今回は、年数のあるアパートの売却のカギは、リフォームをすることについて説明しました。
近年、古いアパートでも人気が高まっているため、売却する前にリフォームをすると買い手が見つかりやすいです。
部屋が綺麗になるだけでなく、住宅ローンを利用すると工事の費用を安くすることもでき、お得なことが多いです。
リフォームすべきかどうか、工事後の価格はどのくらいになるか等の相談も、弊社にお任せください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)

IPA不動産では、お客さまのご都合のよい方法をお選びいただけるように【メール】・ 【TEL】の2つの相談窓口をご用意しております。 そして様々なご質問やご相談にもお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご依頼を社員一同、心よりお待ちしています。

Fudousan Plugin Ver.1.8.0