東京・千葉・神奈川・埼玉での不動産をより高く売却する方法を実践します。不動産売却のご相談・お悩みにはスピード対応でご解答します。不動産投資顧問業コンサルティングマスターの当社だからこそ信頼と安心のおけるお取引でお客様をサポートします。 収益物件・相続物件・マンション・アパート・マイホーム・土地の売却、無料相談受付中!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6434-7046
営業時間 10:00 ~ 20:00(日・祝日除く)
公開日:2018年1月15日
最終更新日:2018年1月20日

オーナー様の救済を装った悪徳商法に注意

東京のシェアハウスを巡った問題の中でここ最近、被害にあったオーナー様へ対して「被害の救済をします」と持ちかけたお話しが上がっております。

投資詐欺には付き物と言われている「救済を装った詐欺」があります。
それは弁護士や探偵、時には消費者センターや被害者救済センター等を名乗って「被害にあった方の債権を回収します」だとか「被害にあった損失を取り戻せます」等といった内容の電話やダイレクトメールで勧誘してきます。
そして救済活動をするには着手金や契約金が必要だとお金を請求されます。
この組織の実態は不明で、誰が何処で何をやっているのか?会社なのか?など、実態が明確になっていないことが多く、お金を支払ったが「お金が返ってこない、何も解決しない」という結果になって二次被害や三次被害へ新たな被害へと繋がっていくことになってしまいます。
二次被害に関するトラブルについて

今回のスマートデイズ社の件の場合、「金利引下げの交渉をします」とか「管理変更できる会社を紹介します」など「家賃未払金を取り返します」と言った話しを持ち出し、そのための着手金を請求してきます。

ここで一つ言えることは、、、
お金を出したからと言って金利は下がりません。
銀行とオーナー様とで締結されている金銭消費貸借契約は第三者が交渉に入って金利を下げさせることは物理的に出来ません。
そして、、、
管理会社を変更するのにお金はかかりません。
オーナー様はあくまでも貸主という立場になりますので、物件を借りる訳でも購入する訳でもありません。
管理委託契約をすることでお金が発生することはありません。

スマートデイズ社のサブリース問題を「どうにか挽回したい」「どうにかして取り戻したい」と必死で考えているオーナー様の心理状態に付け込んでくるハイエナの様な奴等がいます。
これ以上、被害や損失を増やさない為にも気を付けてください。

弊社では管理変更のご相談を承っております。
当然、管理変更するのに費用は一切かかりません。
またローン返済がある中で管理条件次第で今後のオーナー様の生活は大きく変わってきてしまう事も重々承知の上で、良いご提案が出来るように頑張って取り組んでおります。

ご相談がある方はお気軽にお問合せください。

この記事のキーワード

この記事の著者

IPA不動産 社長
IPA不動産 社長
記事一覧

著者一覧

Fudousan Plugin Ver.1.8.0